日本語 English
灰処理装置のパイオニア

開閉式クリンカホッパ

プラント技研(株)が開発した大型機材搬入口は、クリンカホッパの本体山頂部に自動開閉機構付きの扉を設けることで搬入スペースを確保します。
装置はコンパクトで操作も簡単、また開閉のための準備作業も非常に少なくて済む便利な搬入口です。
その他の構造としてクリンカホッパの一部を取り外し、前後に電動でスライドさせて開口部を設けるものも納入されています。
開閉式クリンカホッパ略図
装置概要

● 開口部サイズは約3m×3mの大きさです。
● 簡素でコンパクトな構造です。
● 構成部品の点数が少なく、稼動部分が少ないので、非常に簡単な構造です。

特 徴

● アッシュゲートやクラッシャ・ジェットポンプなどの取り外しや移動の必要がありません。
● ジェッチング配管の一部分を取り外すのみで準備作業が簡単です。
● 開閉部重量は非常に軽く、開閉動作はボタン操作でスピーディに行われます。
● 3V形ホッパの場合は、機材搬入口を2ヶ所設置することも可能です。

クリンカホッパ全景(制作中)

クリンカホッパ全景(制作中)